わたなべ皮膚科

美容皮膚科
お電話でのお問い合わせ TEL.045-565-5775

HIFU
皮膚科専門医による安心の美容皮膚です

こんなお悩み抱えていませんか?

HIFU

ULTRAcel Q+のHIFUテクノロジーを使い、超音波の熱エネルギーを皮膚内部に点状に照射します。
この熱によりタンパク変成を起こすことでコラーゲンの再生を促し、たるみ・しわを改善します。 また比較的短時間で施術が可能で、痛みや術後の腫れも少なく、一度の施術で3種のカートリッジを使い浅層・中層・深層の3層にアプローチすることで皮膚を内側から引き上げ、シワ・たるみを改善します。 特に、たるみの原因となっているSMAS筋膜は、通常のレーザーやRF(高周波)では届かない深い層にあります。 HIFUなら深い層まで届くためSMAS筋膜を加熱することができ、高いリフトアップ効果を得る事が出来ます。
(当院では3種のカートリッジによる照射をそれぞれ全顔にくまなく行うことによりお顔全体に効果が及ぶように施術をしています。)

施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング
施術前に、担当する医師がお肌の状態を診て、施術範囲や回数、併用療法などの治療プランを決めていきます。
治療内容・アフターケアの方法・治療費・治療スケジュールなどの詳細を決めていきます。

洗顔・クレンジング
メイクや汚れ、皮脂をしっかりと落とします。

照射(全顔で約10~30分)
お肌を保護するジェルを塗り、照射します。
ジェルはお肌との密着を高め、熱伝導を助けます。

終了
施術後、ジェルを拭き取って終了です。施術後は少し熱感が残りますが、お化粧をしてすぐにご帰宅いただけます。
洗顔・入浴は当日から可能ですが、お肌をこすらないようにご注意ください。

起こりうる副作用について

赤み、内出血、腫れ、熱傷(傷の肥厚・ケロイド形成)、水疱、色素沈着など

Q&A

Q.1 施術時間はどれくらいですか?
A. 施術時間ですが、初回は効果を実感して頂きながら施術いたしますので1時間ほどかかります。 2回目以降は40分程です。詳細は医師もしくはスタッフにお尋ねください。

Q.2 痛みはありますか?
A. 痛みの感じ方には個人差がありますが、わずかに熱感があります。 ほとんどの方は麻酔なしで施術が可能ですが、ご心配な方は医師にご相談ください。

Q.3 日常生活に支障はありますか?(ダウンタイム)
A. ありません。施術後すぐにメイクも可能です。 稀に腫れ、かゆみが伴うことがありますが、これらは一時的な反応です。

Q.4 何回の施術が必要ですか?
A. 1回の施術でも効果的です。ただ、効果を維持したいとお望みの場合は、 継続して施術を受けられることをお勧めします。(半年に1回のペースが目安)

Q.5 効果はいつ頃期待できますか?
A. 施術直後から効果を感じることはできますが、数ヶ月にわたってコラーゲンの再生が起きます。 このプロセスは、個人差がありますが最長6ヶ月程持続します。

Q.6 日焼け肌でもOKですか?
A. 肌の色を問わず施術を受けられますが、日焼け直後は皮膚が熱を持っている状態ですので思わぬ副作用を招きかねません。 日焼けが落ち着いてからの施術をお勧めします。

料金

初診料  ¥3,000
再診料  ¥1,000

全顔 ¥100,000 (税抜) ¥110,000(税込)

お問い合わせ

なにかご質問等ありましたら当院(TEL.045-565-5775)までご連絡ください。

ULTRAcel Q+

ULTRAcel Q+は、超音波を高密度に集束させてターゲットをピンポイント加熱することでコラーゲンや線維芽細胞等を新生・活性化するHIFU(高密度焦点式超音波)テクノロジーを搭載した治療機です。

ULTRAcel_Q+_logo

ULTRAcel Q+の特徴

ULTRAcel Q+

最大の特長は、レーザー、IPL(光治療)、高周波、赤外線などのエネルギーベースの治療機では施術が難しかったSMAS(筋膜)まで非侵襲で効率よく熱を与えることができる点であり、従来は侵襲を伴うフェイスリフト(手術)や糸リフト治療でしか実現できなかった筋膜の引き上げが可能なことから「切らないフェイスリフト」とも呼ばれている治療機です。
さらにULTRAcel Q+は超音波(HIFU)の到達距離やパワーを悩みの改善目標にあわせて設定することで、SMASよりも上層にあたる皮下組織(脂肪層)や真皮層にも有効に作用させながら治療可能です。

ULTRAcel Q+_illust_2

当製品は未承認医療機器です。 Jeisys Medical Inc.より、医師が個人輸入しております。
同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。
以下の認証を取得しております。 CE(2018.7)、MFDS(2018.5)

IPL光治療
ケミカルピーリング
ページのトップへ戻る